アドセンスイメージ画像

Top >  レーシックガイド >  成功率

スポンサードリンク

成功率

レーシックの成功率と失敗率

レーシック治療やレーシック施術で100%の人が視力回復が可能なわけではありません。
事前の術前検査で「どの程度視力がよくなるか?」は判断が可能です。 通常のレーシックが行えない、効果が見込めないケースではエピレーシックなどその他治療法で行うことになります。
個人差があるので一概には言えませんが、一般的にメガネやコンタクトレンズを装着した時と同じくらいにまで視力が回復するといわれています。
※0.1以下だった視力が、手術をした次の日には1.2にまで回復したという例もあります。

せっかく費用をかけてもレーシック失敗(視力が戻らない)では意味がありません。 そこで多くのクリニックでは視力回復しない場合は無料でケアしてくれる施設があります。
品川近視クリニックでも事前に「視力回率」も教えてくれますし、安心保証も用意されています。 通常の方であればほぼ視力回復は出来るといえるでしょう。
ただし目に刺激を与える運動やスポーツをされている場合は、眼球が痛んでおり困難なケースもあるようです。 水泳、ボクシング、格闘技などをやっている方は事前検査の時に相談してみると良いでしょう

 < <前の記事視力回復 | 


アドセンスイメージ画像2

         

レーシックガイド

レーシック疑問点やレーシック失敗リスクや噂

関連エントリー

成功率 視力回復


このページについて
スポンサードリンク
アドセンスイメージ画像3
更新履歴